生活者通信 2021年12月号 No.363

生活者通信 2021年12月号 No.363

生活者通信No.363 2021年12月1日発行

生活者通信363号sのサムネイル※画像をタップすると、1ページ、2ページをご覧になれます。

(1面)

◆自分らしく生きられる社会に
日野市パートナーシップ制度策定に向けて検討開始!
多様な性と新しい家族のあり方を認め合うまちへ
制度を活かしていくために 大切なのは理解を深めること

日野・生活者ネットワーク市議会議員 白井なおこ(しらい・なおこ)

 

◆今 いま NOW
2021衆院選
大河原まさこさん東京比例で当選!
立憲民主  東京ブロックで12人当選

 

(2面)

◆東京・生活者ネットワーク都議会REPORT
待ったなしの気候危機対策
持続可能な地球を次世代に
2030年温室効果ガス50%削減はまず都庁から
玉川上水の保全は生物多様性の視点で

東京・生活者ネットワーク都議会議員 岩永やす代(いわなが・やすよ)[国分寺市・国立市]

 

◆葛飾区議選 沼田たか子 28位当選!

葛飾・生活者ネットワーク代表 渋谷恵美子
葛飾・生活者ネットワーク区議会議員 沼田たか子

葛飾区議会議員選挙結果
2021年11月7日投票・8日開票 投票率:44.03%
候補者名/現・新/当・落/順位/定数/候補者数/得票数
沼田貴子(ぬまた たかこ)/新/当/28位/40/60/2877

 

◆2022年6月 立川市議選にむけて
立川・生活者ネットワークは、来年6月に行われる立川市議会議員選挙にむけて、新人・阿部美砂の擁立を決定しました。

あべ みさ 阿部・美砂

 

◆本のはなし
生きにくい〈当事者〉の社会的登場こそ
柏井宏之(共同連運営委員)

『重度障害者が国会の扉をひらく!――木村英子・舩後靖彦の議会参加をめぐって』
上保晃平(著)、堀 利和(監修)/社会評論社 定価:1870円