日本維新の会共同代表・橋下大阪市長の発言に抗議する院内集会~400人以上が参加

2013年5月25日 17時37分 | カテゴリー: トピックス, 国際・平和, 女性, 活動報告

女性の人権を尊重する政治を! 橋下発言に徹底抗議する緊急院内集会

参議院議員会館で一番大きい部屋の講堂が、集まった人々で埋め尽くされた。5月22日、女性の人権を尊重する政治を!―橋下発言に抗議する緊急院内集会

 「従軍慰安婦制度は必要だった」「米軍司令官に風俗業の活用を進言した」などの、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長の発言の撤回と謝罪を求める抗議集会が、実行委員会主催で、5月22日、参議院議員会館で開催された。集会は、アジア女性資料センターがよびかけ、全国の235団体が共催団体となったもので、東京・生活者ネットワークも呼びかけに呼応し、共催団体に連なっている。

 当日は、400人以上の市民が参加し、会場の参議院議員会館講堂は満席で立ち見が出るほど。

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動代表の梁澄子さん、社会学者の上野千鶴子さん、ライターの北原みのりさん、SACHICO性暴力救援センター大阪の加藤治子さん、性暴力禁止法をつくろうネットワークの周藤由美子さんらが登壇。橋下市長の歴史認識・人権尊重意識の欠如、女性を道具のように「活用」する男性中心社会の発想を批判する声が相次いだ。

 「慰安婦にされた数多くの女性が名乗り出て被害回復を求めているのに、政府はこたえてこなかった。それが日本の特殊性で、世界から非難されている理由なのに、わかっていない」

 「発言の背景に、安倍首相の歴史観がある。ここを問わず、橋下市長だけをたたくトカゲのしっぽ切りで終わらせてはいけない」

発言する社会学者でウイメンズアクションネットワーク(WAN)代表の上野千鶴子さん

 「女を活用しようとする政党は、女を守ろうとはしない」など。

 この日、韓国のメディアを含む多くのメディアが集会を終始取材。集会の最後に、参加者一同は、橋下市長に発言の撤回と謝罪、辞職を求め、日本政府に「慰安婦」問題解決を求めるアピールを採択した。

<集会アピールはこちら

集会には、辛淑玉さん(人材育成コンサルタント)も参加していた

一方、国連の社会権規約委員会は、5月21日、日本に対して、従軍慰安婦をおとしめるような行為をやめるよう求めた。一部の排外主義グループが「従軍慰安婦は売春婦だった」という趣旨のヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返している異常事態を受けたもので、同委員会は発表した見解の中で、日本政府に対して「公衆を教育し、憎悪表現や汚名を着せる表現を防ぐ」よう強く要請。さらに元慰安婦の「経済、社会、文化的な権利や補償への悪影響を懸念する」としたうえで、「必要なすべての措置」をとるよう求めている。

 東京・生活者ネットワークは、男女がともに“学び、働き、生き、次世代を育む”社会、誰もが尊重され、誰をも排除しない社会の実現をめざし、決定の場である自治体議会に女性議員をおくり出してきた。女性が中心のローカルパーティ(地域政党)として、私たちは、人権侵害と性暴力を正当化する橋下大阪市長に対し、徹底抗議と言説の撤回、当事者とすべての女性に対して謝罪を要求するものであり、さらに同質の政治家、政治思想が依然払しょくされない実態に対して、社会変革を勝ち取るまで闘いを継続するものである。

 人権の世紀を経て今日、世界は、男女が平等に参画する市民社会構築をめざし、実現にむけている。翻って6月23日は東京都議選、7月には参議院議員選挙が行われることになる。この選挙を、命を活かす、生を活かす「変革」の機会・正念場ととらえたい。

5月22日の集会動画はこちらから