1/26 講演会 子どもオンブズパーソンの役割ってなに? 小金井市子どもの権利条例制定10周年 子どもが主体の街にしよう!

講演会 子どもオンブズパーソンの役割ってなに?

小金井市子どもの権利条例制定10周年 子どもが主体の街にしよう!

1月26日(日)18:30~21:00

会場:小金井市市民会館萌え木ホール 小金井市前原町3-33-25 武蔵小金井駅南口9分

 

講師:吉永省三(千里金蘭大学教授)

講演後クロストーク:喜多明人(早稲田大学教授)

 

資料代500円

主催:いかそう!子どもの権利条例の会

TEL:090-2460-9303 メールkdmkenri@gmail.com

 

「小金井市子どもの権利条例」ができて10年。

市民からの陳情採択などを受け、のびゆくこどもプランの中で、長く検討課題とされていた

「子どもオンブズパーソン」設置に向けて、ようやく市が動き出しました。

子どもの権利条例があっても、子どもの権利とは何か、知らないおとなや子どもがたくさんいます。

体罰やいじめなど、様々な課題に悩む子どもたちと共に、問題を解決し、

社会の制度を変えていく、子どもオンブズパーソンが今の時代に必要です。

小金井の子どもの権利条例策定委員会の時にも、勉強会の講師となっていいただいた、吉永省三さんにご講演いただきます。

兵庫県川西市にて、全国で先駆けて、子どもオンブズパーソン制度をつくった方です。

また、講演後のクロストークには、

小金井市子ども子育て会議の子どもの権利部会アドバイザーを務められた、喜多明人さんにもご登壇いただきます。