生活者通信 2022年4月号 No.367

生活者通信367号sのサムネイル生活者通信 2022年4月号 No.367

生活者通信No.367 2022年4月1日発行

※画像をタップすると、1ページ、2ページをご覧になれます。

(1面)

◆東京・生活者ネットワーク「新春のつどい」から
気候変動に立ち向かうための政治の役割

気候問題を政治の課題として捉える
バックキャスティングの発想に立ち、普及啓発を超えた施策の具体化を!
気候政治の実践に求められる「気候ガバナンス」

東京・生活者ネットワーク運営委員/西東京市議会議員 後藤ゆう子(ごとう・ゆうこ)

 

◆今 いま NOW
子どもへのコロナワクチン接種の積極的勧奨に反対します!

2022年2月24日 東京・生活者ネットワーク

 

(2面)

◆東京・生活者ネットワーク都議会REPORT
一般質問に初登壇!
都議会第1回定例会本会議

子どもの権利――「子どもコミッショナー」の制度化を要望!
東京都にケアラー支援条例を
ソーシャルファームへの支援拡充を
「化学物質の子どもガイドライン」発展的に見直しを!
環境確保とまちづくり

東京・生活者ネットワーク都議会議員 岩永やす代(いわなが・やすよ)[国分寺市・国立市]

 

◆都政NOW 区市とつなぐ
砂川闘争の歴史を消させない
闘争があったからこそ、現在の立川がある

基地問題から考える憲法、司法、そして地方自治
砂川闘争の成果と教訓を生かすために

立川・生活者ネットワーク政策委員 あべみさ(阿部美砂)