2/22 北東アジアの非核化と平和について市民社会がすべきこと

NPO法人ピースデポ第21回総会記念講演会

北東アジアの非核化と平和について市民社会がすべきこと

 

2月22日(土)14:00~16:30 開場13:30

会場:明治学院大学白金校舎 本館2階 1253教室
白金台駅2番出口、白金高輪駅1番出口、高輪台駅A2番出口 から徒歩7分

 

講師:

グレゴリー・カラーキー(憂慮する科学者同盟:UCS)

梅林宏道(ピースデポ特別顧問)

資料代:500円 事前申し込み不要

主催:NPO法人ピースデポ

http://www.peacedepot.org/

TEL 045-563-5101/FAX 045-563-9907  Eメール office@peacedepot.org

 

グレゴリー・カラーキー(憂慮する科学者同盟:UCS):
米国メリーランド州立大学にて1994年に政府・政治学博士号取得。国際教育交流協議会の中国担当ディレクター、グリーン・マウンテン大学准教授を経て、2002年にUCSに参加。中国の核軍備管理政策と東アジアにおける米国の核抑止政策に焦点をあて、過去30年間にわたり中国に住み、かつ研究を実施してきた。専門は中国の核兵器政策、宇宙計画(逐次通訳)。

梅林宏道(ピースデポ特別顧問):
前長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)センター長。ピースデポ設立者・元代表。核軍縮・不拡散議員連盟東アジアコーディネーター。