2023政策発表集会 私らしく生きるための政治 開催

東京・生活者ネットワークは、10月29日午後、新宿区内で、2023政策発表集会「私らしく生きるための政治」を開催しました。

集会では、2023年統一地方選挙にむけての基本政策を発表。また、12月4日に行われる品川区議会議員補欠選挙の候補予定者、12月25日に行われる西東京市議会議員選挙の候補予定者2人と、2023年統一選(区議会議員選挙・市議会議員選挙)(4月23日)の第一次公認候補予定者25人の発表を行いました。

集会の前半では、法政大学教授で国会パブリックビューイング代表の上西充子さんに、「一人ひとりが行動して政治をつくる~市民に届く言葉とは?~」と題してご講演いただきました。

法政大学大学院キャリアデザイン学研究科・キャリアデザイン学部教授で国会パブリックビューイング代表の上西充子さんが講演

東京・生活者ネットワーク政策委員会メンバーが、2023統一地方選挙基本政策を発表

左から、品川区議会議員補欠選挙候補予定者のいながき孝子(新人)、西東京市議会議員選挙候補予定者の後藤ゆう子(現職2期目)と、かとう涼子(現職2期目)

2023統一選候補予定者発表のあと、選対長で東京・生活者ネットワーク都議会議員(国分寺・国立)の岩永やす代が、統一選にむけての決意表明を行った

今年12月の品川区議補欠選、西東京市議選と来年4月の統一選(区議選・市議選)の候補予定者たち

講演いただいた法政大学教授の上西充子さんを囲んで、生活者ネットワークの現職議員と候補予定者