ロシアのウクライナ侵攻に強く抗議し、撤退を求めます

2022年2月27日

東京・生活者ネットワーク

2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵略し、複数都市への攻撃で市民を含む多数の死傷者が生じたと伝えられています。ロシア国内はもとより、多くの国々の市民と政府が抗議の声を上げ、米国、欧州連合(EU)をはじめ日本政府も緊急の制裁措置を決定しました。

戦争は最大の人権侵害であるだけでなく、環境破壊です。今回、ロシアはチェルノブイリ原子力発電所を占拠したとの報道もあります。さらには核兵器大国であることを誇示して国際社会の批判や制裁の動きに対抗する姿勢も示しています。発効している「核兵器禁止条約」に反する威嚇も断じて許されることではありません。

東京・生活者ネットワークは、困難の中にあるウクライナの人々、平和を求めて声をあげる全ての市民に連帯します。国連憲章と国際法を踏みにじるロシアの侵略行為に断固抗議し、ロシアに対して軍事行動をただちに中止し、ウクライナから撤退するよう強く求めます。

同時に、日本政府は、今後も軍事侵攻には毅然とした態度で臨みつつ、武力によらない紛争解決を宣言する憲法にそった平和的解決を訴えることを求めます。