結成6周年 脱原発をめざす女たちの会11・25集会 終了しました

2017年11月20日 12時41分

結成6周年 脱原発をめざす女たちの会11・25集会
被災者には補償を!東電経営者には責任を!
繰り返させない!!原発事故

 

11月25日(土)14時~16時(13時30分開場)

在日韓国YMCAアジア青少年センター地下1階(JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分)http://www.ayc0208.org/jp/map1.htm

「福島原発事故の責任を問う刑事裁判が始まった」武藤類子(福島原発告訴団団長)

「消されゆく被害―避難者の貧困、除染打ち切りの福島」吉田千亜(フリーライター)

参加費:1000円(当日会場で申し受けます)

主催 脱原発をめざす女たちの会 http://www.nnpfem.com/

お申し込み:
会のHPの「11.25集会申込みフォーム」より http://www.nnpfem.com/

会事務局まで電話・FAXで、お名前・ご住所・電話番号・参加人数をお知らせ下さい
電話:080-3174-3584 FAX:03-6551-1111

脱原発をめざす女たちの会も結成6周年を迎えます。
福島原発事故から6年、自主避難者への住宅支援が打ち切られ、
避難指定区域の解除・帰村が進められていますが、原発事故は終わっていません。
刑事裁判、避難をめぐる問題をしっかり聞き、学び、共有し、脱原発をめざしていきましょう。
11月25日に、武藤類子さん、吉田千亜さんをお招きして、
「被災者には補償を!東電経営者には責任を!繰り返させない!原発事故 結成6周年集会」を開催します。