6/3 日本原電本店抗議/東電本店合同抗議

■東海第二原発、再稼働工事はやめよ! 日本原電本店抗議

日時:6月3日(水) 17:00~17:45

場所:日本原電本店前 台東区上野5-2-1住友不動産秋葉原北ビル
地下鉄銀座線「末広町駅」2番・4番出口から徒歩4分、
JR「秋葉原駅」中央改札口から徒歩7分

共催:とめよう!東海第二原発首都圏連絡会/再稼働阻止全国ネットワーク

東京電力福島第一原発事故から9年

首都圏に一番近い危ない原発、老朽・被災原発 東海第二うごかすな!

日本原電抗議に集まろう!

首都圏を襲う放射能!
東京駅から116km。150km圏内に首都圏がすっぽり収まる近さです。
放射能は北東の風に乗り、数時間で関東平野に流れ込みます。

安全対策費は東電の援助で?
原電には安全対策費がなく、東電、関電等に3500億円の資金援助を要請。
福島原発事故の賠償責任も果たせない東電からの資金援助は認められません。

再稼働に向けた工事を中止せよ
東海村では、昨年の夏頃から、工事車両が頻繁に往来し、防潮堤の建設準備工事が始まっています。
茨城県民の多くは再稼働に反対です。住民の声を無視し、再稼働に向けた工事の進行をなし崩し的に進める日本原電に抗議しよう。

※「新型コロナウイルス」が心配されますが、手指消毒用ボトルを用意します。

■第81回東京電力本店合同抗議

日時:6月3日(水) 18:30~19:30

場所:東京電力本店前  千代田区内幸町1-1-3
JR・地下鉄「新橋駅」徒歩5分、地下鉄三田線「内幸町駅」徒歩3分

呼びかけ:経産省前テントひろば 070-6473-1947
たんぽぽ舎 03-3238-9035
賛同:東電株主代表訴訟、ピースボートなど137団体

東京電力は福島原発事故の責任をとれ!

柏崎刈羽原発再稼働するな! 汚染水止めろ!

2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故発生以来、丸9年が経過する。

しかし、原発事故被害者への補償・賠償は値切られ続け、放射能汚染水は増え続けている。事故収束の見通しは立たず、約4000人の作業員が被ばくしながら現場を支え続けている。子どもの甲状腺ガンが200人を超えた。

一方、国民の半数以上が原発再稼働に反対している中、川内原発、玄海原発、高浜原発、大飯原発、伊方原発が再稼働した。これは、東電が事故発生の責任企業でありながら、責任を取らなくても許されているからだ。

ところが、東電福島原発事故の刑事責任を問う裁判で、東京地裁は2019年9月19日、「勝又恒久元会長ら旧経営陣3人は無罪」という不当判決を下した。

そして、東電福島原発事故で実質国有化され、国民の税金で存続している東電が、2019年10月28日の取締役会で、東海第二原発を所有する日本原電へ2200億円超の資金支援を決定した。さらには、柏崎刈羽原発の再稼働に積極的だ。

私たちは、東電の責任を明確にし、その責任を取らせなければならない。

私たちは「福島」をどこまでも忘れないし、福島原発事故の惨状を許しません。

東電本店前に集まり、抗議の声を挙げよう! 福島と連帯しよう!

※「新型コロナウイルス」が心配されますが、手指消毒用ボトルを用意します。