さようなら原発 さようなら戦争 全国集会 開催される

2017年9月19日 16時30分 | カテゴリー: トピックス, まちづくり, 国際・平和, 活動報告, 環境

さようなら原発 さようなら戦争 全国集会に9500人が参加

 

「さようなら原発 さようなら戦争 全国集会」。発言者がそろって登壇し、参加者とともに「原発いらない!」「戦争いらない!」「改憲反対!」のコール。9月18日、代々木公園

9月18日、代々木公園で、「ともに生きる未来を!」をテーマに、「さようなら原発 さようなら戦争 全国集会」(主催:「さようなら原発」一千万署名市民の会 協力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)が開催され、9500人の市民が参加した。

 

 

 

 

多くの市民活動団体が、テントブースでアピール。山口県上関町(かみのせきちょう)に計画されている中国電力上関原発建設に反対する、「上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~(通称:上関どうするネット)」も参加、まだ計画が続いている新規原発の問題を知らせるパンフレットを配った

代々木公園では、午前11時から、約40の市民活動団体などのブースが設営され、原発再稼働反対、脱原発、原発事故被害者裁判、原発輸出反対、脱被ばく実現、被曝労働裁判支援、新規原発建設反対、憲法を守る、狭山事件の再審を求めるなど、さまざまな訴えの展示のテントが並んだ。

 

 

 

 

けやき並木ステージの前で、三線の演奏にあわせてカチャーシーを踊る参加者たち

12時30分からは、けやき並木ステージでの第1部のスピーチが始まった。発言したのは、松本徳子さん(避難の協同センター代表世話人)、芝口正武さん(福島県教職員組合双葉支部長)、古今亭千代菊さん(落語家・芸人9条の会)、清水雅彦さん(憲法学者・日本体育大学教授)、山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)、高田健さん(総がかり行動実行委員会共同代表)。山城博治さんとともに、沖縄の音楽でカチャシーも踊られた。

 

13時30分からは、野外ステージで第2部が開始した。木内みどりさん(俳優)が司会に立ち、開会あいさつは、落合恵子さん(作家)。

福島原発事故の被害にあい、避難している人、住み続けている人、裁判を闘っている人たちが檀上に。子どもとともに大阪に避難している森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団代表)がアピールした

福島からの訴えは、佐藤和良さん(福島原発刑事訴訟支援団団長)、福島原発告訴団の武藤類子さんも発言。大阪に自主避難している森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団代表)が、「憲法に保障された健康で平和に生きる権利の実現を!」と力強く訴えた。

玄海原発再稼働阻止の運動からは徳光清孝さん(原水爆禁止佐賀県協議会会長)。

趙博さん(浪花の歌う巨人パギやん)の歌をはさんで、総がかり行動から福山真劫さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表)が、「市民と野党の共闘で、安倍政権を終わりに!」とアピール。山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)は、「今こそ立ちあがろう」の歌をまじえて力いっぱいの発言。

閉会のあいさつに立ったのは、ルポライターの鎌田慧さん。

渋谷のまちをデモ行進し、「原発いらない!」「戦争いらない!」「改憲反対!」「子どもを守ろう!」「地球を守ろう!」とアピールした

集会の最後には、参加者が一斉に「安倍の原発推進NO!」「安倍の9条改憲NO!」のプラカードを掲げてコール。腕を組んで「We shall overcome」を歌った。

 

集会後、参加者は、原宿コース、渋谷コースの2つに分かれてデモに出発。道行く人たちにむけて、「原発いらない!」「戦争いらない!」「改憲反対!」「子どもを守ろう!」「地球を守ろう!」のコールを投げかけた。
生活者ネットワークメンバーも各地域から、集会・デモに参加した。