話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会に市民が結集

2017年4月7日 12時37分 | カテゴリー: トピックス, まちづくり, 国際・平和, 活動報告

話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会に市民が結集

 

登壇した発言者と集会参加者が「憲法違反の共謀罪を許さない」とコールを繰り返した。4月6日、日比谷野外音楽堂

4月6日夜、日比谷野外音楽堂で、共謀罪NO!実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共催による「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会」が開催された。

 

開会あいさつは弁護士で共謀罪NO!実行委員会の海渡雄一さん。政党からは、有田芳生さん(民進党)、田村智子さん(共産党)、福島瑞穂さん(社民党)、山本太郎さん(自由党)、伊波洋一さん(沖縄の風)が登壇し、共謀罪法案を成立させないと決意アピール。

続いて、ノンフィクション作家で日本ペンクラブ専務理事の吉岡忍さん、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの青木初子さん、学

日比谷野外音楽堂での集会後、国会にむけたデモに出発

習院大学教授で安全保障関連法に反対する学者の会の佐藤学さん、法政大学教授で立憲デモクラシーの会の山口二郎さん、京都大学教授・刑法の高山佳奈子さんが、発言に立ち、「市民を監視し、内心の自由や言論表現の自由を踏みにじる共謀罪をゆるさない!」と発言。

おわりに福山真劫さん(総がかり行動実行委員会)が今後の行動提起を発信した。集会参加者は3700人。

「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会」の後、参加者は、国会請願デモを行った。参議院議員面会所の前

集会の後、参加者は、日比谷公園から国会にむけてデモを行い、「共謀罪NO!」のプラカードを掲げ、「憲法違反の共謀罪を許さない」とコールを繰り返した。衆議院議員面会所と参議院議員面会所の前では、出迎えた野党各党の国会議員に向かって、「共謀罪法案を廃案に!」と請願を行った。

 

 

 

 

話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める国会請願デモ

次回の行動は、「安倍政権の退陣を!森友疑惑徹底糾明、共謀罪反対、沖縄への基地押しつけやめろ、戦争法反対4・13新宿駅西口大街頭宣伝」4月13日(木)18:30~新宿駅西口。