国政フォーラム・南スーダン国連平和維持活動(PKO)から自衛隊の「駆け付け警護」を考える!

2016年11月8日 16時16分 | カテゴリー:トピックス, 国際・平和

国政フォーラム・南スーダン国連平和維持活動(PKO)から自衛隊の「駆け付け警護」を考える!

 

11月9日(水)17:00~19:00

参議院議員会館 地下1階 B103会議室(永田町駅、国会議事堂前駅)

 

※会館ロビーで入館証をお渡します。どなたでもご参加ください。

 

講師:伊勢崎賢治さん(東京外国語大学教授)

 

「平和安全保障関連法」を成立させた安倍政権は、「戦争ができる国」へと突き進んでいます。

内戦状態の南スーダンに11月派遣予定の自衛隊に「かけつけ警護」が実際に付与されれば、政府軍や反政府武装勢力との戦闘が想定され、自衛隊員の命が奪われる危険が一層高まることが、国会論戦で明らかになっています。

戦争放棄を謳う憲法9条をどう実体化するか、自衛隊のあり方についてどう考えるか議論します。

 

主催:東京・生活者ネットワーク

お問い合わせは、東京・生活者ネットワークまでTEL 03-3200-9189