生活者通信 2015年1月号 No.280

2015年1月15日 21時37分 | カテゴリー: 生活者通信

生活者通信 2015年1月号 No.280

生活者通信No.280 2015年1月1日発行

(1面)

◆2015統一地方選挙 本格始動!!
地域から民主主義をつくり直す
東京・生活者ネットワーク代表委員 西崎光子・大西由紀子・池座俊子

◆2015統一地方選挙候補予定者 2014年12月6日現在
23区=五十嵐泰子(板橋)、本西光枝(江戸川)、北澤潤子(大田)、図師和美(江東)、吉田由美子・田中奏香(品川)、植田靖子・高岡潤子(世田谷)、村上典子(豊島)、君垣圭子・橋本恵子・柳井克子(練馬)、広吉敦子(目黒)
市部=吉野芳子・山本暁子(狛江)、岩崎美奈子(多摩)、二宮陽子(調布)、鳴海有理・前田佳子(八王子)、田村智恵美・泉千鶴子・西埜真美(府中)、大嶽貴恵・篠原有加(昭島)、本多百合子(青梅)、小西美香(清瀬)、小川宏美・前田節子・橋本一葉(国立)、高瀬かおる(国分寺)、日向美砂子・平野弘美・佐藤悦子(小平)、大塚恵美子・白石悦子(東村山)、実川圭子(東大和)、三原智子(福生)、西園寺美希子・桜井夏来(武蔵野)

(2面、3面)

◆市民自治を広げる
つくろう! 活かそう! 私のまちの憲法「自治基本条例」
対談 辻山幸宣×阿部裕行 連載2
市民と議会―自治基本条例が求める 議会の役割
自治基本条例を最高規範に、個別条例を整備する
地域生活権を確立する―あらたな時代の自治基本条例を拓く
発言 地方自治総合研究所所長 辻山幸宣、多摩市長 阿部裕行
進行 東京自治研究センター特別研究員 伊藤久雄
まとめ 編集部 加藤千鶴子

◆TOKYO EYE
憲法を生活者の言葉で伝えたい!
市民有志ら、憲法ブックレット作成
国分寺・市民憲法教室メンバー/昭島・生活者ネットワーク市議会議員 大嶽貴恵(おおたけ・たかえ)

(4面)

◆いま 動いている 生活者ネットワーク
自治基本条例のあるまちから
◇都内初の条例施行から12年 改正条例で打ち出した参画と協働
杉並・生活者ネットワーク区議会議員 市橋綾子(いちはし・あやこ)

◇バックラッシュを超えて市民主権のまちをつくる 自治条例と議会条例
東村山・生活者ネットワーク市議会議員 大塚恵美子(おおつか・えみこ)

◆都政NOW
都議会セクハラヤジ問題
調査委員会設置を求める請願 否決される!
都議会議員の人権感覚が問われている
東京・生活者ネットワーク都議会議員[世田谷区] 西崎光子(にしざき・みつこ)