生活者通信 2014年10月号 No.277

2014年10月15日 19時19分 | カテゴリー: 生活者通信

生活者通信 2014年10月号 No.277

生活者通信No.277 2014年10月1日発行

(1面)
◆市民がつくる福祉のまち「風の村」「虹の街」
全国市民政治ネットワーク全国交流集会・福祉ツアーから
全国初!全室個室ユニットの特養ホーム「風の村」 福祉力を生協組合員らが担う
働き、暮らし、たすけあい、わかちあう街づくりの拠点 いなげビレッジ「虹と風」
東京・生活者ネットワーク都議会議員[杉並区] 小松久子(こまつ・ひさこ)

◆あんてな
関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼する会
代表 矢野恭子

(2面~3面)
◆8・16公開討論会 宮台真司×想田和弘×今井一
[9条・解釈改憲]にどう対峙するのか
護憲派・条文護持派が明文改憲を恐れ、国民投票を避け続ける中で、ついに解釈改憲の限界まで来てしまった
下流志向で受け身の“主権者”が、民主主義とは真逆のファシズムの台頭を支えている
僕たちはいま、どんな憲法的枠組の中にいて、どんな政治状況下に生きているか
予備的国民投票の実施を視野に――民主主義の不在、政治の劣化とどう向き合うか――
文責・編集部 加藤千鶴子

(4面)
◆社会保障・税番号制度 マイナンバー制度導入で いま、必要なこと
三木由希子さんに聞く 東京・生活者ネットワーク政策委員会学習会から
マイナンバーで何が変わる?
制度導入の問題点と留意点
国立・生活者ネットワーク市議会議員 小川ひろみ(おがわ・ひろみ)

◆都政NOW
子どもの学ぶ機会を奪う入試の採点ミス 再発防止を!
常態化していた! 都立高の93%175校3052件の採点ミス
杉並の自治を踏みにじった都
東京・生活者ネットワーク都議会議員[杉並区] 小松久子(こまつ・ひさこ)