生活者通信 2011年 11月号

2011年12月5日 17時03分 | カテゴリー: 生活者通信

生活者通信 No.242 11月号 2011年11月1日発行

(1面)
●東日本大震災で試される介護
 NO! 寝たきりデー2011 開催される
 災害弱者に寄り添う草の根の支援
 社会的インフラとしての介護 求められる医療との連携
 杉並・生活者ネットワーク 区議会議員 小松久子(こまつ ひさこ)

●あんてな
 都内への避難者を対象に 東京三弁護士会が相談会を開く
 弁護士 野村恵子

(2〜3面)
●第2回 核・原子力のない未来をめざす市民集会 @台東 SESSION2
 小出裕章さんが伝えたい
 「核=原子力の本質」 原子力発電で、私たちが知っておきたいこと
 半減期45億年! 永遠の毒物・ウラン
 放射線管理区域に匹敵する汚染−福島原発事故の全容
 それでも、日本は法治国家か?!
 数百万年でも消滅しない危険
 プルトニウム利用のための核燃料サイクル
 破綻した高速増殖炉計画
 だれも責任をとらない政府・原子力業界
 日本が原子力をあきらめない本当の理由
 NUCLEAR=核=原子力
 3・11以降をどう生きるかが、問われている
 図 核燃料サイクルの概念図
 グラフ 放射線被曝で受ける危険の年齢依存性(白血病を除くガン死)
 文責/編集部 加藤千鶴子

(3面)
●「3.11 原発震災以降を私たちはどう生きるか」に参加して
 河野由宇/高校1年生

(4面)
●市民が育てる 東京・未来
 安全対策は万全か?
 東日本大震災〜原発震災の災害廃棄物・瓦礫受け入れ、処理
 大田・生活者ネットワーク区議会議員 奈須利江(なす りえ)

●原発稼働の是非を問う都民投票を実現しよう!
 東京都へ直接請求—署名活動を開始します

●都政NOW
 都議会第3回定例会一般質問から
 子どもたちを放射能から守る 放射能測定の継続、情報公開を
 東京・生活者ネットワーク都議会議員[国分寺市・国立市] 山内玲子(やまうち れいこ)