生活者通信 2011年 6月号

2011年7月1日 12時28分 | カテゴリー: 生活者通信

生活者通信 No.237 6月号 2011年6月1日発行

(1面)
●石原都政4期目がはじまった
 都議会改革、脱原発・エネルギーシフトを提案していく正念場
 生活者ネット・みらいは、中央卸売市場会計、水道事業会計の11年度予算に反対
 耐震、防災・原発対策の見直し、被災地への強力な支援が求められている
 東京・生活者ネットワーク代表委員/都議会議員 西崎光子

●あんてな
 新宿区の公立小・中学校に日本語学級を!
 琉球大学非常勤講師/元新宿区立日本語国際学級教諭 善元幸夫

(2面)
●子どもが危ない!
 子どもたちを、放射能被曝から救え!
 福島県の小・中学校で放射線従事者許容量の基準を超える放射能を観測
 福島の子ども基準は、一般公衆の被曝基準値のさらに20倍まで許容せよということ
 生活者ネットワークは、子ども20ミリシーベルト基準の即時撤回を要求します
 編集部 加藤千鶴子

(3面)
●視点
 「つまみ食い」で利用される地震学
地球物理学者/武蔵野学院大学特任教授 島村英紀
 
●本のはなし
 『よくわかる 女性と福祉』
 森田明美編著 ミネルヴァ書房
『日本の雇用年齢差別 35歳リストラ社会の構造的不平等』
玄幡真美著 勁草書房

(4面)
●北東アジアの平和と非核化へのシナリオ(2)
 緊張が高まる朝鮮半島 安全保障ジレンマの構造化
 NPO法人「ピースデポ」代表 湯浅一郎

●「原発はいらない!」世論を高めよう!
 浜岡原発 運転停止から廃炉に!
 「浜岡原発の即時運転中止を求める意見書」清瀬市議会で採択

●都政NOW
 国は「お泊りデイ」の制度化を検討
 東京都は独自基準を設け、5月から先行施行
 東京・生活者ネットワーク都議会議員[国分寺市・国立市] 山内玲子