どうしていま、内閣不信任なのか

2011年6月2日 12時48分 | カテゴリー: 活動報告

最優先すべきは、被災者支援・早期復興

いま現在、国政の中枢である内閣の転覆を望んでいるのはだれだろうか。
だれもが、最優先されるべきことは被災者支援、早期の復興だと思っているのではないだろうか。
内閣不信任案を提出することは、最後は選挙で国民の信を問うということで決着をつけるための手段であるはず。解散の選択が厳しい状況での不信任案提出は、卑怯ともいえる。

そもそも原子力発電は、国策として自民・公明の政権が進め、補助金を飴に次々と原子力発電所を建設してきた。原子力村とよばれる、電力各社、原発推進派の政治家・学者・専門家が、安全神話をつくりだし啓蒙してきた。原発ありきの方々が、この原発震災を早急に解決できるとは思えず、これで安全だ安心だといっても信用できるわけがない。

報道も、政局ばかりで政治への失望感をあおっているようだ。
国会議員の役割は、国民の暮らしと命をまもることであるはず。震災、原発被災地のために、国民一人一人のために、誠心誠意走り回ってください。

東京・生活者ネットワーク
事務局長 中村映子