衆議院議員選挙 実現した政権交代

2009年9月1日 10時22分 | カテゴリー: 活動報告

国政に市民政策を

今回の総選挙では、予想通り民主党が過半数を超え圧倒的に勝利しました。
マニフェスト選挙が始まって6年。今回は本格的に各党のマニフェストを比較することができましたが、結局、投票の基本は、政権の交代そのものだったといえます。

生活者ネットは、衆議院選挙方針に基づいて19人を推薦し、そのうち民主党の17人が当選しました。地方政治の改革には、国政の改革が不可欠です。公選はがきの協力や遊説など街宣活動にも積極的に参加し、分権と自治の確立をめざして、政権交代を強く訴え、政治の流れを大きく変える歴史的な転換に臨みました。
民主党は、生活第一の政治、国民が主役となる政治をつくりあげる、と明言しています。ローカルから政治を大きく転換していくチャンスとして、地方分権をすすめ、地域の施策が豊かに展開できるよう、国政に市民が参画できる仕組みを求めていきます。
また、民主党比例名簿に上位登載を要望した、石毛鍈子さん(元職)も当選しました。都議選で子育て介護の社会化を訴えてきた生活者ネットにとって、政策をすすめるための大きな窓口が復活しました。今こそローカルの力を発揮し、市民政策を国政に反映させていきます。

推薦候補の選挙結果
   
3区 品川・大田・島部     松原 仁 民主党  当選
4区 大田            藤田憲彦 民主党  当選
5区 目黒・世田谷       手塚仁雄 民主党  当選
6区 世田谷           小宮山洋子民主党  当選
8区 杉並            保坂展人 社民党  落選
9区 練馬            木内孝胤 民主党  当選
10区 豊島・練馬        江端貴子 民主党  当選
13区 足立           平山泰朗 民主党  当選
15区 江東           東 祥三 民主党   当選
16区 江戸川          初鹿明博 民主党  当選
17区 葛飾・江戸川       早川久美子 民主党 落選(比例当選)
18区 武蔵野・府中・小金井            菅 直人   民主党 当選
19区 国立・国分寺・小平・西東京        末松義規   民主党 当選
20区 東村山・東大和・清瀬・東久留米・武蔵村山   加藤公一 民主党 当選
21区 立川・昭島・日野                長島昭久    民主党 当選
22区 三鷹・調布・狛江・稲城             山花郁夫   民主党 当選
23区 町田・多摩                    櫛淵万里   民主党 当選
24区 八王子                      阿久津幸彦  民主党  当選
11区 板橋                        有田芳生   新党日本 落選